ベビーカーに関係する基礎知識を知ろう!

安全にベビーカーを使う場合に覚えておきたいマナー

知っておきたい交通機関のルールやマナーなどをまとめておきましょう。
 
1番目は、電車内のマナーやルールです。
鉄道会社では最近はベビーカーに赤ちゃんを乗せたままで乗車できるようになっています。それでも混雑しているときは特別な対処方法があるのです。
 
混雑しているときには、ベビーカーは折りたたみましょう。
乗車したときは混雑していなくてベビーカーに赤ちゃんを乗せた場合でも途中から混雑してくることもあります。
その場合は、赤ちゃんを抱っこしてベビーカーは折りたたむのがマナーになっています。そんな場合に備えて抱っこひもは必ず持っておきたいですね。
 
ベビーカーを押しての乗り降りについては、特に注意しましょう。
もっとも起こりやすい事故が、ベビーカーの車輪がドアに挟まれるケースです。駆け込み乗車は危険ですから絶対にやめてください。
そういった事故にならないためにベビーカーメーカーも車輪のフレームを太くしています。
 
乗り降りをする場合には、ベビーカーの車輪が電車とプラットホームの間にひっかからないように、そのまま押すのではなくて、
一瞬両手で持ち上げるようにすると回避できます。一手間かかりますから癖にしておきましょう。
 
電車で移動する場合は重量の軽いベビーカーを利用するといいです。シーンによってベビーカーを使い分ける人も最近では増えています。
 
駅では電車に乗る前にもマナーがあります。例えばエレベーターに乗る場合です。
この場合も混雑している場合は抱っこしてベビーカーは折りたたみましょう。
エレベーターがない場合でエスカレーターに乗せるのは危険です。禁止している駅も多いですし、赤ちゃんを危険にさらすので止めましょう。
駅員にベビーカーであることを申し出て手を貸してもらうといいでしょう。
 
 
2番目は、バスの車内でのマナーやルールです。
都営バスの場合は前方2箇所の座席の手すりには安全ベルトが設置されています。ベビーカーを固定してしっかりと支えるようにしておきましょう。
この座席はベビーカー優先や専用ではありません。座っているお客さまがいる場合は、お断りを入れて安全ベルトを装着し、自分は立ちましょう。
 
ベビーカーの向きはバスの進行方向に対して後向きにするのが基本です。
タイヤのストッパーをかけるようにしてください。こうしておけば、急停車しても転びにくいのです。
ベビーカーのグリップに荷物を吊り下げたりするとバランスが悪くなるので手荷物があるならば足元のバスケットに入れるようにして重心を下にしてください。
 
通勤時間や通学時間の乗車はできるだけ避けるようにしましょう。混雑状況によっては、ベビーカーは折りたたんでくださいと言われることもあります。
また、すでにベビーカーが2台以上乗車しているときは安全ベルトが使えません。
バスの車内は狭いのでベビーカーが3台以上並んでしまうと通路が通れなくなってしまいます。
 
車椅子のお客さまが乗車しているときもベビーカーは畳むのがマナーです。
ベビーカーを固定する場所と車椅子を固定する場所は近くです。2台とも固定させることはできませんので、車椅子が優先されるのがマナーとなっています。
 
大型のベビーカーでそのまま乗せるのは通路を塞いでしまいますし、安全ベルトの装着ができません。
原則として折りたたみをするように推奨されています。
 
 
3番目は、飛行機の乗る場合のマナーやルールです。
飛行機での移動は空港内や現地でも移動が想定されます。機内に持ち込める手荷物は大きさの制限があります。
大部分のベビーカーは手荷物カウンターで預けることになります。
ですが、ほとんどの空港では搭乗ゲートまで使えるベビーカーのレンタルがあるので、それを利用しましょう。
 
飛行機に関してはいろいろなサービスがありますので、利用する前にどういったサービスが利用できるのか
航空会社のオフィシャル・ウェブサイトで確認しておくと便利です。
中には予約が必要なものもありますので注意しましょう。ベビーベッドなどの貸出は予約制になっていることが多いです。